←トップ頁へ

検索名  イトアロエ(糸蘆薈)   
和名 ハナアロエ  撮影地:佐野市・三かも山ハーブ園 
漢字表記 花蘆薈
別名・異名 ブルビネ・フルッテンシス/イトアロエ(糸蘆薈)/ブルビネカウレスケンス
古名
語源 和名は、葉姿がアロエに似ていて、鑑賞に値する花を見せることからだろうか?/属名はラテン語で「球状の」の意であり、実際は球根を持たないが根元が丸くなることから。/種小名は「低木状の、灌木状の」の意。
学名 Bulbine frutescens (= B. caulescens)
英名 Snake flower, Cat's tail,
Burn jelly plant
仏名 Bulbine jaune
独名 Stelzen-Bulbine
伊名 Bulbine frutescens
西名 Bulbine frutescens
葡名 Bulbine,Bulbinea,
Cebolinha-de-jardim
漢名 花蘆薈、小小降落傘
植物分類 ツルボラン科(←ユリ科)ブルビネ属
園芸分類 常緑多年草(亜低木)
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉 復活、健康
解説 ハナアロエはツルボラン科(←ユリ科)の常緑多年草である。よく分枝し、草丈は60cm程度に。茎は木化する。葉はアロエに似て、肉厚で細長い披針形で、長さ15cm程度。5~9月頃、茎頂に20~30cmの花茎を出し、総状にたくさんの星形の花を見せる。花は一日花である。記載した写真はHallmark種で、花色は橙色。我が国の園芸界では「花アロエ」の名で流通しているようである。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考
   
   
   
  撮影地:筑波実験植物園↓