←トップ頁へ

検索名  イチヨウチドリ(一葉千鳥)  
和名 カモメラン
撮影者:千葉県 三浦久美子様  
撮影地:長野県・八千穂高原自然園  
漢字表記 鴎蘭
別名・異名 カモメソウ(鴎草)、イチヨウチドリ(一葉千鳥)
古名
語源 和名は花姿からの命名と言う。/属名のOrchisとは、ギリシャ語のOrchis(=睾丸)由来している。塊根が丸いことから。/種小名は「丸い唇のある、輪状の唇の」の意。
学名 Orchis cyclochila
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 卵唇紅門蘭
植物分類 ラン科ハクサンチドリ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 日本(北海道・本州:紀伊半島以北・四国)/朝鮮半島・中国・サハリン・ウスリー地方
花言葉
解説 カモメランはラン科の多年草である。我が国では、概して亜高山帯の幾分湿り気のある林中に自生する地生蘭である。草丈は10~15㎝程度。長さ4~6㎝程度で広楕円形の葉が1個だけ根生する。6月頃長い花茎の上部に総状花序をつけ、淡紅色の花を数個つける。唇弁は長さ1㎝程度の広楕円形で、紫色の斑点が多数入る。距は細く、後方に伸びる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考