←トップ頁へ

和名 イチヤクソウ
漢字表記 一薬草
別名・異名 カガミグサ/キッコウソウ/ベッコウソウ
古名
語源 和名は、一番良く効く薬の意から。/属名はpyrus(=ナシの木)の縮小形が語源。葉姿が似ていることから。/種小名は「日本産の」の意。
学名 Pyrola japonica
英名 ichiyakuso  
仏名 Pirole de Japon
独名
伊名 撮影地:皇居 東御苑→
西名 撮影者:東京都 中村利治様↑
葡名 撮影:GKZ/撮影地:栃木県壬生町↓
漢名 日本鹿蹄草
植物分類 ツツジ科(←イチヤクソウ科)イチヤクソウ属
園芸分類 常緑多年生草本
用途 薬用
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉 恥じらい
解説 イチヤクソウは、ツツジ科(←イチヤクソウ科)の常緑多年草である。草丈は20p前後程度。根元から長い葉柄をたくさん出し、葉身は円形もしくは広楕円形で、葉の裏面は紫色を帯びる。6〜7月頃花茎を直立させ上部に数個の花を下向きに開花させる。花冠は梅花型で、深く5裂する。根毛が発達せず、菌類と共生することにより栄養を得ているので、人的栽培は難しい。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考