←トップ頁へ
和名jp イチハツ
↑撮影:GKZ/拙庭にて↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:皇居・東御苑↑

撮影地:東邦大学野草園↑   
漢字表記 鳶尾/一八/逸初
別名・異名
other name
スイラン(水蘭)
ヤツハシ(八橋)
マンネンソウ(万年草)
古名
old name
コヤスグサ(子安草・古也須久佐)
語源
etymology
和名は、アヤメ類の仲間では最も早く開花することから「逸初」といわれたとか。
属名は、ラテン語で「虹」の意。
種小名は、「屋根に生ずる」の意。※履歴の項参照
学名sn Iris tectrum maxim.
英名en roof iris
仏名fr
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 鳶尾
植物分類 アヤメ科アヤメ属
園芸分類 多年生草本
用途use 庭植え/鉢植え/薬用
原産地
distribution
中国中央部~ミャンマー北部
花言葉 つきあい上手・使者
解説
description
イチハツはアヤメ科の多年草である。草丈は30~50㎝程度。葉は剣形で葉先が尖り、隆起した葉脈が目立つ。5月頃、白または青色の花を見せる。花弁の中央に鶏のとさか状の突起物があるのが特徴。
履歴 我が国へはかなり古い時代に渡来している。平安時代の文献にも見られる。上の写真に見られるように、葉姿が剣状のため、古来より、藁屋根に植えると大風から守ってくれると信じられてきた。学名に見られるtectrumとは「屋根」の意であるが、マキシモヴィッチが上述の俗信から「屋根のアイリス」として学名をつけている。
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『物品識名』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
18 180、181 「いちはつ」