←トップ頁へ

和名jp イチゴ
漢字表記 苺/莓
別名・異名
other name
アビ
イチョビ
古名
old name
イチビコ(伊知比古)
語源
etymology
古名イチビコからの略語とか。
属名は、ギリシャ語のPotens(=強力)に因んでいる。この属に強い薬効を有する種が存在するからという。
種小名は「パイナップル属の」の意。
学名sn Potentila × ananassa
(=Fragaria × ananassa)
英名en Strawberry
仏名fr Fraise
独名de Erdbeer
伊名it fragola
西名es fresa
葡名pt morango
漢名ch 草苺
植物分類 バラ科
園芸分類 多年生草本/木本低木
用途use 食用
原産地
distribution
日本
花言葉 先見・尊重と愛情・誘惑・甘い香り
解説
description
イチゴとは、本来バラ科の多年草又は低木の総称であった。草本性のそれの場合には「苺」を、木本性の場合には「莓」を用いて表記上の区別をしていたようである。因みに、現在、生産・流通の上で、各家庭で食しているイチゴの場合には、渡来植物のオランダイチゴである。(詳細はオランダイチゴの頁を参照下さい。)
履歴 明治20年(1869年)英・米・仏から園芸品種が我が国に渡来している。
県花・国花 栃木県:二宮町花
古典1 『日本書紀』、『万葉集』、『枕草子』、『近松浄瑠璃集』
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』
季語 春(花)/夏
備考