←トップ頁へ

検索名 イタリアン・ライグラス
和名 ネズミムギ
漢字表記 鼠麦
別名・異名 イタリアン・ライグラス
古名
語源 和名の語源については不詳。/属名は、ドクムギのラテン古名から。/種小名は「多数花の」の意。
学名 Lolium multiflorum
英名 Italian ryegrass
仏名 ray-grass d'italie 群馬県館林市:城沼自然探勝路にて
独名 Italienische Raygras
伊名 Loglio
西名 Margall italià
葡名 azevém-italiano
漢名 多花黒麦草
植物分類 イネ科ドクムギ属
園芸分類 一・二年生草本
用途 牧草
原産地 ヨーロッパ
花言葉
解説 ネズミムギは、イネ科の一・二年草である。本来は牧草として輸入されたものであるが、今日では帰化状態にあり野生化している。加えて等しくヨーロッパから牧草として輸入されたホソムギとの交配が容易のため、両者の中間種としてネズミホソムギ等も多く見られるようになっている。草丈は60㎝前後で多数の茎を直立させる。6~7月頃に20㎝前後の穂状花序をつける。10~20個の小花を見せる。
履歴 我が国へは、明治期に「イタリアンライグラス」の名で牧草として輸入されているが、今日我が国では野生化している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考