←トップ頁へ

和名 イタドリ
漢字表記 虎杖
別名・異名 タンジ/スカンポ
古名 タヂ(多遅)/タヂヒ(多遅)
語源 和名は、「疼(いたみ)取り」からの転訛とも言われている。/属名は、イタリアの園芸家Gabriello Fallopioの名に因んでいる。/種小名は「日本の」の意。
学名 Fallopia japonica(=Polygonum cuspidatum)
英名 Japanese Knotweed
/Flowering bamboo
 栃木県:奥日光・戦場ヶ原にて↑
神奈川県:箱根町・大涌谷にて↓
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 虎杖
植物分類 タデ科ソバカズラ属(←タデ属)
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/茶花/薬用/食用(若芽)
漢方・民間薬 根・茎・葉:浮腫・生理不順・便秘・消化不良・胃弱・咳
原産地 日本/中国/朝鮮半島  
花言葉 回復  
解説 イタドリは、タデ科の多年草である。草丈は50~150㎝程度。茎は中空で、節に膜質の托葉が見られる。葉は大型で広卵形で、互生。夏の終わり頃に小花が総状にたくさん着く。花弁は見られず萼のみであり、花色は強い黄色みを帯びた白色。 
履歴  
県花・国花  
古典1 『日本書紀』、『枕草子』、『梁塵秘抄』 
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』 
季語 春/夏(花)  
備考