←トップ頁へ

和名 イソトマ・スカピゲラ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名のIsotomaとはギリシャ語の「等しい切片」からきている。各花弁の大きさが等しいことから命名されている。/種小名は「花茎を有する」の意。
学名 Isotoma scapigera 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
英名 Long-scaped Isotoma
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 スターリングレンジ国立公園
葡名
漢名
植物分類 キキョウ科イソトマ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 イソトマ・スカピゲラはキキョウ科の一年草である。本種は、オーストラリア大陸南西部沿海地の砂壌地で、冬場には湿り気のあるような沼地に自生の見られる野草である。茎は直立し、草丈は30㎝程度までとなる。茎も葉も幾分多肉質である。葉は、長さ3㎝、幅1.2㎝程度の楕円状で、基部は心形、縁部は粗い鋸歯があり、地にロゼット状に広がりを見せる。葉縁の鋸歯先端は刺状突起となる。葉の表面には白色の毛が散生する。原産地のオーストラリアでは、9~12月頃、長い花茎を立ち上げ、茎上部に円錐花序を出し、長さ青色の筒状花を1~数個つける。花冠は5裂し、花弁の基部には白色の模様が入る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考