←トップ頁へ

和名 イソトマ・ヒポクラテリフォルミス 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名のIsotomaとはギリシャ語の「等しい切片」からきている。各花弁の大きさが等しいことから命名されている。/種小名は「高盃形の」の意。
学名 Isotoma hypocrateriformis 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
英名 Woodbridge poison                            
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ジョン・フォレスト国立公園
葡名
漢名
植物分類 キキョウ科イソトマ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 オーストラリア
花言葉
解説 イソトマ・ヒポクラテリフォルミスはキキョウ科の一年草である。本種は、オーストラリア大陸西部の砂壌地に自生の見られる野草である。茎は直立し、草丈は10~60㎝程度となり、分枝はしない。茎も葉も幾分多肉質である。葉は、小さな楕円状~円筒形で、全縁、先端部は尖り、茎に疎らに互生する。原産地のオーストラリアでは、9~12月頃、茎上部に円錐花序を出し、白色~青色~紫色~橙色の5弁花をつける。本種は、切断すると有毒物質を出すために、原産地ではWoodbridge poisonと呼ばれている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※ 有毒植物