←トップ頁へ
検索名 イソスゲ(磯菅)
和名 ヒゲスゲ
漢字表記 髭菅
別名・異名 イソスゲ(磯菅)
語源 和名は、長い芒を髭にたとえたもの。/属名は、古代ローマ時代の植物名からの転用と言われているが、他にも諸説がある。/種小名は「(ハワイ)オアフ島の」の意。
学名 Carex oahuensis
英名 Oahu sedge
仏名
独名
伊名 撮影地:夢の島熱帯植物館
西名
葡名
漢名
植物分類 カヤツリグサ科スゲ属
園芸分類 多年生草本
用途 撮影者:東京都 山口米子様
原産地 本州(北陸、関東以西)・四国・九州・琉球諸島/ハワイ諸島
花言葉
解説 ヒゲスゲは、カヤツリグサ科の多年草である。草丈は30~40㎝程度。概して海浜の砂地に自生し、大株となり、葉は密生し、叢生する。葉は広線形で質は厚く先は鋭く尖る。葉の表面には光沢が見られる。4~6月頃、花柄の先端に長さ5㎝程度の雄花を、その下方に大型長紡錘状の雌花穂をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考