←トップ頁へ

和名 イソキラス・アウランティアクス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のIso(=唇)とkheilos(=同じ)の合成語からで、花弁・萼片・唇弁がほぼ同じ大きさである事を示している。/種小名は「橙色の」の意。
学名 Isochilus aurantiacus
英名 The yellow-orange isochilus
仏名   
独名
伊名     撮影者:東京都 中村利治様
西名 '14サンシャイン蘭展にて  
葡名
漢名
植物分類 ラン科イソキラス属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 メキシコ、グアテマラ、エル・サルヴァドル・ホンデュラス、ニカラグア
花言葉
解説 イソキラス・アウランティアクスは、ラン科の多年草である。原産地の項に記した地の標高1500~2600m級高地に自生する着生ランである。茎はか細く、草丈は30㎝程度に。葉は長さ3~5㎝程度の線状披針形で茎に対して左右に互生し、基部は茎を抱く。晩春に花茎を立ち上げ、3~4個の桃色の小花を付ける。花の長さは1㎝弱程度で、花冠の径は4㎜程度で、花は平開しない。
履歴  
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考