←トップ頁へ

検索名  イソハナビ(磯花火)  
和名 イソマツ
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 磯松
別名・異名 イシハナビ(石花火)/イソハナビ(磯花火)/イワハナビ(岩花火)/ムラサキイソマツ(紫磯松)/イソレンゲ(磯蓮華)
古名
語源 和名は、草姿が磯辺に生えるマツ(松)に似ていることから。/属名はギリシャ語のleimon(=草原)を語源としている。/種小名はイギリスの植物学者C.H.Wrightの名に因んでいる。/変種名は「低木状の、灌木状の」の意。
学名 Limonium wrightii var. arbusculum
英名
仏名
独名
伊名 筑波実験植物園にて
西名
葡名
漢名
植物分類 イソマツ科イソマツ属
園芸分類 低木状多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/薬用
原産地 日本(伊豆諸島、小笠原諸島、屋久島以南の南西諸島)/台湾
花言葉
解説 イソマツはイソマツ科の低木状多年草である。暖地の海岸地帯の岩の割れ目等に自生の見られる野草である。ウコンイソマツの変種として分類されている。草丈は10~50㎝程度に。茎は短いが太くしっかりとしていて、古い幹肌は黒色で鱗片状に割れていて、海岸に生えるクロマツの幹肌に似ている。幹は上部で良く分枝する。根生葉は篦形で、枝葉は枝の先端部にまとまってつき、倒披針形で、厚味があり、全縁、鈍頭。8~9月頃、葉腋から穂状花序を出し、多数の小花をつける。母種のウコンイソマツはキバナであるが、本種の花は淡紫色の筒状花で、花冠は5深裂し、花径は5㎜前後程度。
履歴 環境省RDB:絶滅危惧Ⅱ類(VU)
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考