←トップ頁へ

和名 イソギク
漢字表記 磯菊
別名・異名 イワギク/シモカツギ
古名
語源 和名は、海岸沿いに咲く菊の意から。/属名は、ギリシャ古語で、chrysos(=黄金色)とanthemon(=花)の合成語で、花の色から。/種小名は「太平洋の」の意。
学名 Chrysanthemum pacificum
英名 Pacific Chrysanthemum, Gold-and-Silver Chrysanthemum, Silver and Gold Chrysanthemum
仏名     拙庭にて
独名
伊名
西名
葡名
漢名 太平洋菊
植物分類 キク科キク属
園芸分類 多年生草本
用途 庭植え/鉢植え
原産地 日本・千葉県犬吠埼~静岡県までの太平洋岸に自生。
花言葉 感謝、大切に思う
解説 イソギクは、キク科の多年草である。草丈は30㎝前後に。葉は、倒卵状で、裏面には銀白色の毛が密生する。花色は黄色。関東地方の千葉県から静岡県にかけての太平洋沿岸に自生する我が国固有の野生菊の一種。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
4 263 「冬葵」
6 303 「ネガティヴ・ポジティヴ」
7 17 「蕁麻疹」