←トップ頁へ

和名 イシモチソウ
漢字表記 石持草
別名・異名 スナモチソウ(砂持草)
古名
語源 和名は、葉の粘液に小石までもが粘着してしまうことから。/属名のDroseraは、ギリシャ語で「露の多い」の意。/種小名は「盾状の」の意。
学名 Drosera peltata
英名 Shield sundew,Pale sundew
仏名  Dionée   撮影者:奈良県 中野様
独名 Scild-Sonnentau   撮影地:伊賀市・上野森林公園
伊名 Drosera peltata
西名
葡名
漢名 茅膏菜
植物分類 モウセンゴケ科モウセンゴケ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え(観葉植物)
原産地 日本:本州(関東以西)・四国・九州・沖縄/中国/台湾~熱帯・亜熱帯アジア~オーストラリア/ニュージーランド
花言葉
解説 イシモチソウは、モウセンゴケ科の多年草である。本種は比較的乾燥した湿原で栄養分の乏しい地に自生が見られる。周知のごとくモウセンゴケと同様に食虫植物である。草丈は10~20㎝程度となる。地中に径5~6㎜程度の塊根を持ち、春先に茎を直立する。根生葉は開花時には枯れる。茎葉は長さ10~15㎜、幅4~6㎜程度の三日月形で、茎に疎らに互生する。葉の表面と縁部に腺毛が密生し、粘液を出して捕虫する。5~6月頃、茎頂或いは茎上部の総状花序を出し、白色の小花を数個つける。花は径1㎝程度の白色5弁花である。本種の花は午前中に開花し、午後には閉じてしまう。
履歴 環境省RDB:準絶滅危惧種(NT)
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考