←トップ頁へ

和名jp イシミカワ
撮影者:多摩NTの住人様/八王子市にて

撮影:GKZ/群馬県邑楽町↓
漢字表記 石見川
別名・異名
other name
サデグサ
アシカキ
ウシノヒタイ
古名
old name
語源
etymology
和名は、一説には、大阪府の「石見川」からの転訛とも。また、別には「石膠(いしにかわ)」からの転訛とも言われている。
属名は、ラテン語のpersica(=モモ)を語源とし、「モモの葉に似ている」の意。
種小名は、「抱茎の」の意。
学名sn Persicaria perfoliaam
(=Polygonum perfoliatum)
英名en Asiatic tearthumb
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 槓板歸
杠板歸
植物分類 タデ科イヌタデ属
園芸分類 蔓性一年生草本
用途use 野草
漢方・民間薬 全草:打撲・切り傷
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国/マレーシア/インド
花言葉 気まぐれ
解説descrption イシミカワは、タデ科の一年草である。茎には下向きの刺があり、蔓状に帯び、他物によじ登る。茎の長さは2m以上にも及ぶ。葉は三角形で先は尖る。托葉は皿状で茎がその中央を貫く。8~9月頃、緑白色の小花を見せる。実は青紫色の卵状球形。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図絵』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 撮影者:京都府 藤井俊夫様↓/撮影地:京都府木津川市