←トップ頁へ

検索名  イシコログサ(石塊草)   
和名 リトープス
漢字表記
別名・異名 イシコログサ(石塊草)/イシコロギク(石塊菊)
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のlithos(=石ころ)とopsisu(=似ている)の合成語からで、自生地周辺の石ころに似ていることによるという。
学名 Lithops spp.
英名 Flowerng stones,Living stones
仏名 Plantes-cailloux
独名 Lebende Stein
伊名 Pietre vive,Sassi viventi
西名 Piedras vivas,Planta pidra
葡名 Pediras vivas,Plantas pedra
漢名 生石花、石頭玉、象蹄
植物分類 ハマミズナ科(←ツルナ科)リトープス属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え
原産地 南アフリカ~ナミビア 珊瑚玉(Lithops rooi)種↑
花言葉 こよなき魅力・用心深い 撮影地:とちぎ花センター
解説 リトープスはハマミズナ科(←ツルナ科)の多肉植物である。我が国の園芸界では「玉ものメセン」として扱われている。リトープス属は「玉ものメセン」の中でも代表的な属で、ほとんど年間降雨量250ミリ以下の乾燥地帯で、岩が風化した礫の間や砂地に埋もれて生育するという。乾気には球体は萎びて砂の下の埋もれ、頂面のみを露出し、透明なガラス状の窓から体内に日光を導き入れて同化作用をし、球体内部に新葉を準備する。降雨があると新葉は急速に成長肥大し、旧葉を破って地表に出て生育するという。語源の項でも述べたが周囲の礫や砂土の色彩によって固体の色彩を変化するため、開花期でなければ発見は困難と言われている。1対の葉は高度に多肉化し、ほとんど合着した倒円錐形となる。周囲の状況によって植物体の色合いが異なる事になる。合着した葉と根の間の2㎜程度の部分がコルク質で覆われた区と言うことになり、ここに生長展があり、新葉や花を作る。雨期に中央部分から蕾を出し、開花する。本種の花には苞はない。花色は白色または黄色である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考