←トップ頁へ

検索名  イセナ(伊勢菜)  
和名 ウワバミソウ
漢字表記 蟒草
別名・異名 ミズ(水菜)/ミズナ(水菜)/クチナワジョウゴ(蛇漏斗)/イセナ(伊勢菜)/シャクシャシシャ(赤者使者)
古名
語源 和名は、蟒(ウワバミ=大蛇)でも出来てきそうな場所に自生が見られることから。/属名はギリシャ語のelatos(=弾性)とstemon(=雄蕊)の合成語で、雄蕊が初めは曲がっていて、成熟すると弾力で飛び上がることから。/種小名は「散形花序の」の意。/変種名は「大形の」の意。
学名 Elatostema umbellatum var.majus   ↑東大付属日光植物園にて↓撮影GKZ
英名  
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 大傘花樓梯草
植物分類 イラクサ科ウワバミソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用(若い茎をすり下ろすと粘液が出る。これをみずとろろといい、これをご飯にかけて食べたという。)ミズナとも呼ばれ山菜としても人気が高い。/薬用
原産地 日本
花言葉 変わりやすい愛
解説 ウワバミソウはイラクサ科の多年草である。我が国の山地の湿り気のある斜面や崖などに群生する。草丈は30〜40pで、葉は無柄、先端が鋭く尖り粗い鋸歯を見せる。4月〜6月頃に葉腋に黄白色の花を見せる。雌雄異株。    
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考 撮影者:東京都 中村利治様→
   撮影地:タイ・カオヤイにて