←トップ頁へ
和名 イサベリア・プルケラ
漢字表記
別名・異名 ネオラウケア・プルケラ
古名   
語源 和名学名の音読みから。/属名は、リヒテンシュタインの王室庭園主任だったH.Laucheの名に因んでいる。/種小名「美しい」の意。
学名 Isabelia pulchella(=Neolauchea pulchella)
英名 The beutiful Isabelia
仏名
独名 都立夢の島熱帯植物館にて
伊名  
西名
葡名   Pulchella Isabelia    撮影者:東京都 中村利治様
漢名   
植物分類  ラン科イサベリア属(←ネオラウケア属) 
園芸分類 多年生草本  
用途 板付(ネット・ネスト栽培)
原産地 ブラジル
花言葉
解説 イサベリア・プルケラはラン科の多年草である。原産地ではブラジル南部の比較的湿潤な山中で発見された着生ランである。茎は地表を匍匐枝ながら分枝を繰り返し、新たな卵形の偽鱗茎を作り、繁殖する。葉は長さ5㎝程度の糸状である。我が国では11~12月頃、偽鱗茎の頂部から花茎を伸ばし径1.5~2㎝程度で紅桃色の花を1個付ける。
履歴 本種は、かつてはNeolauchea pulchellaの学名で1属1種として分類されてきたが、現在はイサベリア属に含められ手いる。
県花・国花
古典1    筑波実験植物園にて↑ 
古典2  
季語
備考