←トップ頁へ

和名jp イロキソイ  
漢字表記 色競  
別名・異名
another name
 
古名old name  
語源
etymology
和名は、品種名から。
属名は「最初の」の意。
種小名は「シーボルトの」の意。 
学名sn Primula sieboldii 'Irokisoi'               撮影者:東京都 山口米子様
英名en
仏名fr
独名de
伊名it 撮影地:小石川植物園
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 サクラソウ科サクラソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 花壇/鉢植え
原産地
distribution
園芸作出品種(日本)
花言葉 少年時代の希望/悲痛
解説
description
イロキソイはサクラソウ科の多年草である。本種は、江戸期から続く日本桜草の中の1品種である。草丈は20㎝前後程度。全草に白色の毛が見られる。葉は長い柄を持った卵状長楕円形で、縁には不揃いの鋸歯が見られる。4~5月頃、葉よりも長い花茎を伸ばし、その頂に花弁裏側が桃紫色で、表側は桃紫色ぼかし、底白の花を散形に開く。花冠の基部は筒状で、先は平開し、各裂片がそれぞれ2裂する。花弁は淺かがり弁で、咲き方は淺抱え咲きで、横向きに開花する。  
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語 春(サクラソウ)  
備考