←トップ頁へ

検索名  イロハソウ(伊呂波草)   
和名 ハルトラノオ
漢字表記 春虎尾
別名・異名 イロハソウ(伊呂波草)/ゴチョウカ(五鳥花)
古名
語源 和名は春から開花し、トラノオ状の花穂をつけることから。/別名の「イロハソウ」とは、春先に、他に先駆けて開花することから、イロハ47文字の最初3文字「イロハ」にたとえたものと言う。/属名はギリシャ語のbis(=2重)とtortus(=捩れた)の合成語から。/種小名は「細い茎の」の意。
学名 Bistorta tenuicaulis(=Polygonum tenuicaule)
英名
仏名
独名
伊名 栃木市:花之江の郷 にて
西名
葡名
漢名
植物分類 タデ科イブキトラノオ属(←タデ属)
園芸分類 多年生草本
用途  路地植え/鉢植え /薬用
原産地  日本(本州以西)   
花言葉 星への願い
解説 ハルトラノオはタデ科の多年草である。概して山地の林下に自生の見られる野草である。根生葉は長さ20~10㎝の卵形~卵円形で全縁、鋭頭で、基部は細まり次第に葉柄となる。草丈は15㎝程度まで。4月頃、花茎を立ち上げ、先端に1.5~3.5㎝程度の花穂をつける。花茎には1~2枚の葉を互生してつける。花には花弁は無く、萼は白色で、先端が5裂する。花糸も白く、雄蕊が長く花冠より突き出る。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考