←トップ頁へ

和名jp イリス・アルビカンス
 撮影者:ポルトガル在住武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル アルガルベ地方

漢字表記
別名・異名
other name
古名
old name
語源
etymology
和名は学名の音読みから。
属名はギリシャ語のiris(=虹)の意から。
種小名は「白っぽい」の意。
学名sn Iris albicans
英名en Cmetery iris,
White cemetery iris,
White flag
仏名fr Iris blanc,
Iris blanchissant
独名de Weisse Fahnen-Iris
伊名it Giaggiolo bianco
西名es Lirio blanco
葡名pt Lirio-branco,
Lirio-de-Florença,
Lirio-florentino,
Lirio-silvestre
漢名ch
植物分類 アヤメ科アヤメ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え/路地植え(ロックガーデン)
原産地
distribution
イエーメン~サウジアラビア
花言葉
解説
description
イリス・アルビカンスはアヤメ科の多年草である。草丈は30~60㎝程度となる。葉は、幅の広い剣形で、葉色は灰緑色となる。2~3月頃、茎上部に総状花序を出し、径7㎝程度で白色の花を1~3個程度つける。本種は、結実をせず、地下の鱗茎により繁殖をする。
履歴 本種は、最も古くから栽培されたアヤメ属の植物であると言われている。
本種の原産地は、イエーメンやサウジアラビアであるが、イスラム圏では、墓地に植えられてきた。そのために、イスラム教徒の移動や移住により、欧米各国に持ち込まれている。現在は、欧米では帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
備考