←トップ頁へ

和名jp イリオモテアザミ
撮影者:東京都 山口米子様

↑撮影地:沖縄県竹富島↓

撮影地(下3図):宮古島・東平安名崎↓




 
漢字表記 西表薊
別名・異名
another name
古名old name
語源
etymology
和名は、産地名から。
属名は、ギリシャ古名cirsionから来た名で、ギリシャの医師ディオコリデスが静脈(cirsos)を広げるのに用いたヒレアザミ属の薬草の名で、アザミに似ていることから転用されたからと言う。
種小名は「短茎の」の意。
変種名は「西表島の」の意。
学名sn Cirsium brevicaule var.irumtiense
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キク科アザミ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用・薬用(根茎)
原産地
distribution
沖縄県:八重山諸島
花言葉 権威・触れないで・独立・厳格・復讐
解説
description
イリオモテアザミは、キク科の多年草である。本種は、沖縄地方の海岸地帯に自生するシマアザミの変種として分類されている。しかし、分類せずにシマアザミと同種扱いする説もある。本種は、シマアザミの中で茎・葉の裏面に毛が密生する点並びに花色が紅紫色となる等で区別されイリオモテアザミとしている。草丈は20~100㎝程度。根生葉はロゼット状となり、全体の直径は1m近くにもなる。この根生葉は開花時にも枯れることは無い。根生葉は長さ30㎝程度の長楕円形で、羽状に深裂し、裂片の先端部には刺を持ち、基部は翼状になり茎を抱く。葉の表面には強い光沢がある。茎葉は披針状楕円形~披針形で、茎上方に向かうに連れ小さくなる。本種の開花期の最盛期は冬~春にかけてであるが、概して通年開花する。頭花は径3.5~5㎝程度で紅紫色である。総苞は扁球形となる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考