←トップ頁へ

和名 イプセア・タイランディカ  
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名ノン読みから。/属名はギリシャ語のipse(=自己、自分)を語源とし、単一の属を構成するため意、命名者が独創的に使用したことによると言う。/種小名は「タイの」の意。
学名 Ipsea thailandica
英名 The Thai Ipsea 撮影者:東京都 中村利治様
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 水仙蘭
泰名  คาวมัจฉา、เอื้องดินถิ่นไทย
植物分類 ラン科イプセア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 タイ
花言葉
解説 イプセア・タイランディカはラン科の多年草である。本種は、タイの標高1000m以下の草原に自生する地生蘭である。円錐状の偽鱗茎を持ち、長い葉柄を持った線状とも言える程の狭楕円状の葉を1~2個頂生する。開花時には葉は落はしている。12~1月頃、20㎝程度の花茎を立ち上げ、径3㎝程度の花を抱え咲き状に開く。花は花弁、萼片共に内側はクリーム色で、外側は担子褐色を帯び、唇弁の基部には紅紫色の模様が入る。本種は、開花時に異臭を放つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考