←トップ頁へ

和名 イオノプシディウム
漢字表記
別名・異名 バイオレット・クレス/ダイヤモンド・フラワー※備考欄参照
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のion(=スミレ色)とopsis(=似ている)の合成語から。/種小名は「茎の無い」の意。
学名 Ionopsidium acaule
英名 Violet cress,False diamond flower
仏名   
独名   
伊名 Bivona acaule
西名  撮影者:東京都 中村利治様
葡名  足立区農業公園にて
漢名
植物分類 アブラナ科イオノプシディウム属
園芸分類 1年生草本
用途 路地植え
原産地  ポルトガル
花言葉
解説 イオノプシディウムはアブラナ科の1年草である。草丈は10~20㎝程度で、マット状に広がりを見せる。葉は根出し、長い葉柄を持った心形であり、スミレの葉にも似ている感を受ける。3~5月頃、アブラナ科特有である十字形で花径5㎜前後程度の小花を多数つける。花には芳香がある。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考 (※)本種は我が国の園芸界では「ダイヤモンド・フラワー」の名でも流通しているが、英名では False diamond flowerであり、直訳すると「偽ダイヤモンドフラワー」となるが、我が国では「偽」の部分が消えてしまっている。