←トップ頁へ

和名 イヌトウバナ
漢字表記 犬塔花
別名・異名
古名
語源 和名は、トウバナに似ているが別の植物の意から。/属名は、ギリシャ語のcline(=床、斜)とpodion(=小足)の合成語から。/種小名は「小さい花の」の意。
学名 Clinopodium micranthum
英名
仏名
独名
伊名 撮影地:神奈川県箱根町
西名
葡名
漢名
植物分類 シソ科トウバナ属
園芸分類 多年生草本
用途
原産地 日本
花言葉
解説 イヌトウバナはシソ科の多年草である。概して山地の木陰に生えている野草である。草丈は20~50㎝程度。葉は長さ1~3㎝、幅1~2.5㎝程度の卵形で、葉柄を持ち茎に対生する。葉の縁には鋸歯がある。8~10月頃、茎頂に花穂を出し、白色~淡紫色で唇形の小花をつける。花冠は非常に小さく、長さ5㎜程度である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考