←トップ頁へ

和名jp イヌショウマ  撮影地:栃木市・花之江の郷
漢字表記 犬升麻
別名・異名
another name
ミツバショウマ(三葉升麻)
古名old name
語源
etymology
和名は、薬用に用いられたサラシナショウマに似ているため、また、代用として用いられたことから。
属名は、cimix(=ナンキンムシ)とfugere(=逃げる)の合成語で、悪臭が強く、ナンキンムシも逃げるの意。
種小名は「日本の」の意。
学名 sn Cimicifuga japonica 
英名en
仏名 fr  
独名de  
伊名it
西名es
葡名pt
漢名cf 三葉升麻
植物分類 キンポウゲ科サラシナショウマ属
園芸分類 多年生草本
用途use 山草/薬用
原産地
distribution
日本/朝鮮半島/中国大陸
花言葉 逃げる・控え目・自由
解説
description
イヌショウマは、キンポウゲ科の多年草である。概して山地の幾分湿り気のある林内に自生の見られる野草である。草丈は1m前後程度。葉は2回3出複葉で、小葉は卵円形で掌状に裂ける。葉縁には不揃いの鋸歯がある。8~9月頃、花茎の先に30㎝程度の穂状花序を出し、写真に見られるような白色の小花を多数開く。開花すると花弁は直ぐに落ちて、長い白色の雄蕊が残る。本来漢方に用いられる升麻とはサラシナショウマの根茎を掘り出して乾燥させたものであるが、本種はその代用とされてきたと言われている。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考