←トップ頁へ

和名jp イヌノフグリ
撮影者:千葉県 三浦久美子様
撮影地:千葉市花見川区


漢字表記 犬陰嚢
別名・異名
other name
テンニンカラクサ
ヒョウタングサ
古名old name
語源
etymology
和名は、この草の実が陰嚢(ふぐり)によく似ているところから。
属名は聖女ベロニカの名に因んでつけられている。
種小名は「2個連合した、双生の」の意。
変種名は「藤色の」の意。
学名sn Veromica Didyma tenore var.Lilacina
英名en Gray field speedwell
Wayside speedwell
仏名fr Véronica didyme
独名de Gladde ereprijs
伊名it Veronica lucida
Veronica minore
西名es Verónica polita
葡名pt Verónica-azul
漢名ch 地錦
婆婆納
植物分類 オオバコ科(←ゴマノハグサ科)クワガタソウ属
園芸分類 二年生草本
用途use 漢方では腰痛のための薬用植物として。
原産地
distribution
東アジア/我が国では本州以西
花言葉 信頼/私はあなたに心を捧げる
解説
description
イヌノフグリは、オオバコ科(←ゴマノハグサ科)の二年草である。春先他の雑草にさきがけて畑や道ばたで淡紅紫色の可愛い花を見せる。茎は下部で分枝をし、横走しながら広がりを見せる。葉は、下部では悔いに対生し、上部では互生する。葉は、ほぼ卵円形で、長さ、幅「ともに4~11㎜程度で、両面に腺毛がある。開花期は長く4~11月頃までとなる。花後の果実は先端が凹んだ球形で中央がくびれており、上部の両端は丸みを微手居る。この果実の形状が名前の由来となっている。現在、関東地方で一般的に見られるのは、ヨーロッパ原産のオオイヌノフグリという外来種である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
15 171 「半夏生」