←トップ頁へ

和名 イヌナズナ
漢字表記 犬薺
別名・異名 ハマガラシ/スズメノキンチャク/イヌヨモギ
古名 アシナズナ(阿之奈都奈)/カラシ(加良志)
語源 和名は、ナズナに似ているが食用にならないため。/属名は、ギリシャ語のdraba(=辛い)を語源としている。/種小名は「森林性の」の意。
学名 Draba nemorosa
英名 Wood whitlow-grass
仏名 drave des bois
独名 Hain-Felsenblümchen
伊名 Draba dei boschi
西名
葡名 群馬県館林市にて
漢名 葶藶
植物分類 アブラナ科イヌナズナ属
園芸分類 二年生草本
用途 薬用(種子)
原産地 北半球も温帯~寒帯
花言葉 無邪気
解説 イヌナズナはアブラナ科の二年草である。イヌナズナ属の植物は概して岩場に多く自生するが、本種は原野や畑地に見られる。草丈は10~20㎝程度。根生葉は束生し広いへら形をしている。茎上葉は狭卵形である。短毛と星状毛が密に生える。3~6月頃茎上部に総状花序を出し、ナズナに似た黄色い十字状花の小花を開花する。果実は長い柄を持ち、平らな長楕円形。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考