←トップ頁へ

和名 イヌムギ
漢字表記 犬麦
別名・異名 プレーリー・グラス/レスク・グラス
古名
語源 和名は、ムギに似ているが食用に供しないことから。/属名はbroma(=カラスムギのギリシャ古名)を語源としている。/種小名は「下剤の」の意。
学名 Bromus catharticus
英名 rescuegrass
仏名 brome cathartique
独名 Ährengrasähnliche Trespe
伊名 Bromo catartico 群馬県館林市:城沼自然探勝路にて 
西名 Cebadilla criolla
葡名 Bromus
漢名 扁穗雀麦/大扁雀麥
植物分類 イネ科スズメノチャヒキ属
園芸分類 1~2年生草本
用途 牧草
原産地 南米
花言葉
解説 イヌムギは、イネ科の越年草である。草丈は40~100㎝程度。茎は濃緑色で無毛。葉は長さ15~30㎝、幅4~10㎜で、葉鞘筒となって丸い。6~7月頃、円錐花序を出し、まばらに小穂をつける。小穂は長楕円形で長さ2~3.5㎝、著しく扁平である。
履歴 南米原産であるが、ヨーロッパやアメリカに帰化し、我が国では明治初期に渡来し、牧草として用いられたが、その後、我が国でも今日、帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考