←トップ頁へ

和名jp イヌカンゾウ
撮影者:千葉県 三浦久美子様

撮影地:星薬科大学    
漢字表記 犬甘草
別名・異名
another name
古名old name
 
語源
etymology
和名は、本種の属する他の植物にはグリチリチンが含まれ薬用とされるが、本種の場合、それが含まれず薬用とされないことから。
属名は、ギリシャ語のglycys(=甘い)とrhiza(=根茎)の合成語から。
種小名は「蒼白色の花の」意。
学名sn Glycyrrhiza pallidiflora
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名 pt
漢名ch 刺果甘草
植物分類 マメ科カンゾウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 薬用、甘味剤、香味剤
原産地
distribution
中国・モンゴル・ロシア
花言葉
解説
description
イヌカンゾウはマメ科の多年草である。本種は、原産地の項に記した地の標高2600~3100m級高地で、概して川沿いの路傍に自生が見られると言う。草丈は100~150㎝程度となる。根茎には白毛や腺毛がある。葉は長さ6~20㎝程度の奇数羽状複葉で茎に互生し、小葉は長さ2~6㎝程度の披針形で、9~15個つく。6~7月頃、葉腋に総状花序を出し、蒼白色の蝶形花をつける。花後には長さ1~1.7㎝程度で長楕円形の莢果をつけ褐色の刺状腺毛を密生させる。莢果の中には2㎜程度で黒色の種子が含まれる。
履歴
県花・国花  
古典1  
古典2
季語  
備考