←トップ頁へ
和名 イヌハッカ
漢字表記 犬薄荷
別名・異名 キャットミント/キャットニップ/カラミント/チクマハッカ(筑摩薄荷)
古名 Népeta, Gatera, Hierba gatera
語源 和名は、ハッカに似ているが別の植物の意。/属名は、地名に由来しており、古代エルトリア(現イタリアのトスカーナ・ウィンプリア地方)のNepetiから。/種小名はラテン語のcattus、catus(=雄猫)とarius(=~のような)の合成語で、この草がネコを引きつけることから。
学名 Nepeta cataria
英名 Catmint/Catnip/Field Balm/True Catnip
仏名 catire
独名 Katzenminze
伊名 Pisolino
西名 Népeta,Gatera,Hierba gatera
葡名 Nepenta
漢名 荊芥/卡明
植物分類 シソ科イヌハッカ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/ハーブ とちぎわんぱく公園(壬生町)にて↑
原産地 ヨーロッパ/アジア西部/中国/朝鮮半島
花言葉 自由な愛、愛らしさ
解説 イヌハッカは、シソ科の多年草である。草丈は40~100㎝程度。葉は三角状卵形で、裏面には短毛が密生し白色を帯びる。6~7月頃に枝の先に円錐状の花穂を出し、小型で白色の花を見せる。
履歴 我が国への渡来時期不詳※
県花・国花
古典1
古典2
季語 群馬県館林市:野鳥の森ガーデンにて↑
備考 チクマハッカという名前の通り、長野県で発見され、その後、千葉、岩手、山形、群馬等の各県でも発見され、我が国にも自生があったとされたが、帰化状態のものと推測されている。