←トップ頁へ

検索名  イヌゲシ(犬芥子)  
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・アレンテージョ地方
和名:jp トゲミゲシ
漢字表記 刺実芥子
別名・異名
:alias
トゲミヒナゲシ(刺実雛芥子)
イヌゲシ(犬芥子)
パパウェル・ヒブリダム
古名:on
語源
:etymology
和名は、実の周囲が刺状突起で覆われることから。英名からの直訳かと推測される。)
属名は、papa(=粥)に由来し、ケシの乳汁には催眠作用があるので、粥に混ぜて子どもを寝かせたことによると言われている。また、別には、ケシの種子を噛むときに生じる音からとも言われている。
種小名は「雑種の」の意。
学名:sn Papaver hybridum
英名:en Round picklyheaded poppy
Rough poppy
Round rough headed poppy
仏名:fr Coquelicot hispide
独名:de Bastaed-Mohn
Krummborstiger Mohn
伊名:it papavero spinoso
Papavero librido
西名:es Amapola híspida
葡名:pt Papolla-btava
Papolla-ouriçada
Papolla-peluda
Papoula-peluda
漢名:ch 刺圓頭罌粟
植物分類 ケシ科ケシ属
園芸分類 1年生草本
用途 野草/路地植え/鉢植え
原産地 ヨーロッパ~北アフリカ
花言葉 慰め、乙女らしさ、感謝
解説 トゲミゲシは、ケシ科の一年草である。草丈は20~50㎝程度となる。茎上部で硬い毛を見せるが下方では無毛と化す。茎は直立し、上部で分枝をする。葉は、卵形で茎に互生し、、1~2回羽状に深裂し、裂片の長さは2~4㎜程度となる。3~5月頃、茎頂並びに枝先に径2.5㎝程度の花をつける。花弁数は4個で、花色は赤色。。本種の場合、朝に開花し、午後には花被片は落下してしまう。花後には長さ1~1.25㎝程度で楕円形の蒴果をつけるが、その周囲は湾曲した長い刺に覆われることになる。
履歴 本種は、原産地の項に記した地が原産地であるが、今日、広く世界各地に帰化状態として定着を見ている。
我が国でも例外では無く,園芸種として栽培していたものが逸失して帰化状態にある。
因みに本種の場合、我が国の法律では栽培禁止植物からは除外されている。
県花・国花   
古典1   
古典2   
季語   
備考