←トップ頁へ

和名 イヌガラシ
漢字表記 犬芥子
別名・異名 アゼダイコン(畦大根)/ノガラシ(野芥子)
古名
語源 和名は雑草で食用に適さないということから。/属名は、この植物を示すサクソン古名のrorippennoのラテン語化から。/種小名は、「インドの」の意。
学名 Rorippa indica Hien.
英名 Yellow cress,
Indianfield-cress,
Vanableleaf
仏名 Rorippe d'Inde
独名   撮影者:東京都 中村利治様
伊名   撮影地:小石川植物園
西名 Berro de la India
葡名
漢名 蔊菜
植物分類 アブラナ科イヌガラシ属
園芸分類 多年生草本
用途 食用(若葉)・薬用
原産地 日本/アジア
花言葉 品格・恋の邪魔者
解説 イヌガラシは湿り気のある場所に生えるアブラナ科の野草である。。草丈は20~40㎝程度。全草無毛。茎は赤紫色を帯びる。4~6月頃枝先に黄色い小花を見せる。花形は十字型、花径は5㎜前後程度。果実は2㎝程度で、弓状に湾曲する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『延喜式』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『本草綱目啓蒙』
季題
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 56 「朝」