←トップ頁へ
和名 イヌビエ
漢字表記 犬稗
別名・異名 ノビエ(野稗)/クサビエ(草稗)
古名
語源 和名は、食用にならないヒエの意から。/属名は、echinoa(=ウニ)とchloa(=草)の合成語で、開出した芒の形から。/種小名は「鶏の距、鶏の足」の意。
学名 Echinochloa crus-galli var.crus-galli
英名 Cock's -hoot/Chicken-panic-grass
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 イネ科イヌビエ属
園芸分類 一年生草本
用途 家畜飼料
原産地 アフリカ~南アジア
花言葉 群馬県館林市:城沼自然探勝路にて
解説 イヌビエは、イネ科の一年草である。概して湿り気の多い地に自生の見られる野草である。草丈は60~100㎝程度。葉は線形で先端は尖る。葉には細かい鋸歯が見られる。8~10月頃、茎の先に10~25㎝程度の花穂を出す。小穂は3~4㎜程度で長い芒がある。
履歴 青森県三内丸山遺跡からはたくさんのイヌビエが出土している。
県花・国花
古典1 『万葉集』には、ヒエを詠んだ歌が2首存在するが、内容から見てイヌビエではないかと言われている。因みに、万葉集では、ノビエとして登場している。
古典2
季語
備考