←トップ頁へ

検索名  イノンド   
和名jp ヒメウイキョウ
漢字表記 姫茴香
古名
別名・異名
another name
イノンド
ディル
ジラ(蒔蘿)
パクチ・ラーオ
語源
etymology
英名のdillは「鎮める」という意味を有するスカンディナビア語のdillaから。
我が国で「イノンド」と呼ばれるのは、スペイン語名からの転訛と言われている。
属名はイノンドのラテン古名anethonを語源としている。
種小名は「強臭を持つ」の意。
学名sn Anethum graveolens 撮影者:東京都 中村利治様/植栽品↑
英名en dill
anise
仏名fr aneth
独名de Dill
伊名it aneto
西名es eneldo
葡名pt endro
aneto
漢名ch 蒔蘿
泰名 ผักชีลาว
植物分類 セリ科イノンド属
園芸分類 一年生草本
用途 薬用/香辛料/ハーブ
原産地
distribution
インド~中近東
花言葉 智恵
解説
description
イノンドは、セリ科の一年草である。草姿はウイキョウにも似ている。葉は3回羽状複葉で、裂片は糸状となる。5~6月頃、散形花序に黄色の小花を多数見せる。果実は扁平な楕円状で黒熟する。
履歴 古代文明のメソポタミア地方から出土した、紀元前3000年頃のスメル粘土刻板に記録が見られるという。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 キャラウェイ(Carum carvi)もヒメウイキョウの名で呼ばれている。