←トップ頁へ

和名 イノコヅチ
漢字表記 牛膝
別名・異名 コマノツメ・フシダカ・コマノヒザ
古名 ヰノクヅチ(牛膝・為之久豆知・為乃久都知)/ツナギグサ(繋草・都奈岐久佐)
語源 和名の「牛膝」の表記は漢名から。イノコヅチとは「豕(イノシシの子)槌(ツチ)」の意であり、この植物の節が大きくてしっかりしていることから、イノシシの膝に見立てたものという。/属名は、achyon(=籾殻)とanthos(=花)の合成語で、淡緑色で硬い籾殻状の花の様子をたとえたもの。
学名 Achyranthes japonica 群馬県館林市:彫刻の森にて
英名 Japanese chaff flower
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 牛膝
植物分類 ヒユ科イノコヅチ属
園芸分類 多年性草本
用途 薬用(根)/食用(若葉)
原産地 日本/朝鮮半島/中国
花言葉 二重人格
解説 イノコヅチは我が国の山野で普通に見られるヒユ科の野草である。草丈1m以下。枝・葉ともに対生する。茎は4稜形で、節の部分は太くなる。葉は長楕円形で両端が尖る。8〜9月頃、枝先に細長い穂状花序をつけ、緑色の小花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『延喜式』、『本草和名』、『下学集』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考