←トップ頁へ

和名 インパチェンス・レペンス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のim(=不)とpatiens(=忍耐)の合成語からで「忍耐しない」の意。熟した果実にふれるとはじけて種子が飛び散ることから。/種小名は「匍匐性の」の意。
学名 Impatiens repens
英名 Ceilon balsam
仏名 撮影者:東京都 中村利治様
独名
伊名
西名
葡名
漢名 蔓性鳳仙花、鳳仙蔓
植物分類 ツリフネソウ科ツリフネソウ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え(ハンギング・ポット)
原産地 インド~スリランカ
花言葉 私に触れないで下さい 撮影地:新宿御苑
解説 インパチェンス・レペンスは、ツリフネソウ科の一年草である。茎は赤味を帯びた多肉質で匍匐する。草丈は30~90㎝程度に。葉は卵形~卵状楕円形で、表面には軟細毛が見られ、縁には細鋸歯を持ち、茎に互生する。7~9月頃、茎上部の葉腋から長い花柄を出し、掲載した写真に見られるような鮮黄色の花姿は我が国にも自生の見られるキツリフネに似ている。花後には蒴果をつける。  
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考