←トップ頁へ

和名  インパチェンス・ニアムニアメンシス※  
漢字表記 撮影者:東京都 中村利治様
撮影地:都立夢の島熱帯植物館
別名・異名 インパチェンス・コンゴレンシス/パロット・プラント 
古名
語源 和名は垣名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のim(=不)とpatiens(=忍耐)の合成語からで「忍耐しない」の意。熟した果実にふれるとはじけて種子が飛び散ることから。/種小名はアフリカ・コンゴ共和国原産の狩猟犬のNiam-niamの名に因んでいる。本種の開花時の距の巻き方が、Niam-niam犬の尾の巻き方に似ていることから。
学名 Impatiens niamniamensis
(=Impatiens congolensis)
 
英名 Congo cockatoo,
Parrot plant,
African Queen
仏名 Bec de perroquet
独名 SpringKraut,
Kongo-Lieschen,
Papageienschnablume
伊名
西名
葡名
漢名 剛果鳳仙
植物分類 ツリフネソウ科ツリフネソウ属
園芸分類  常緑多年生草本(亜低木) 
用途 鉢植え/薬用(果実)
原産地 コンゴ  
花言葉  
解説 インパチェンス・ニアムニアメンシスはツリフネソウ科の常緑多年草(亜低木)である。草丈は60~90㎝程度。茎は軟質で水分を多分に含む。葉は長い葉柄を持った楕円状で、縁には細かい規則的な鋸歯があり、先端は尖り、茎に互生する。葉並びに花柄には白色の細毛が密生する。葉の表面には光沢がある。原産地では周年開花し、茎上部の一箇所の葉腋から3本程度の花柄を下垂し、その先に長さ3.5㎝程度の筒状花を付ける。花色は緑~黄色で、距の部分は赤色となる。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考 ※学名の正確な読み方としては、「インパチェンス・ニアムニアムエンシス」となる筈であるが、我が国では、「インパチェンス・ニアムニアメンシス」名で流通しているようなので、それに従っている。