←トップ頁へ

 検索名 インパチェンス   
和名 アフリカホウセンカ
漢字表記 阿弗利加鳳仙花
別名・異名 インパチェンス
古名
語源 属名は、ギリシャ語のim(=不)とpatiens(=忍耐)の合成語からで「忍耐しない」の意。熟した果実にふれるとはじけて種子が飛び散ることから。/種小名は、19世紀に中央アフリカでキリスト教布教活動をしたイギリス人宣教師Horace Wallerへの献名。
学名 Impatiens walleriana(=Impatiens sultanii) 拙庭にて
英名 busy lizzie
仏名 Balsamine,Impatiente,Impatience
独名 Fleißige Lieschen
伊名 Impatiens walleriana
西名 Alegrfa del hogar,Alegrfa de la casa,Oreja de Oso
葡名 Beijo-turco,Maria-sem-vergonha
漢名 紅花鳳仙
植物分類 ツリフネソウ科ツリフネソウ属
園芸分類 一年生草本
用途 花壇/鉢植え
原産地 アフリカ(ザンジバル)
花言葉 短気、豊かさ
解説 アフリカホウセンカは、ツリフネソウ科の一年草である。草丈は30~50㎝程度で、比較的矮性で、枝張りもよく下垂性もある。花ばかりではなく、斑入り葉種も登場しており、花壇、プランター、鉢植えと多彩な栽培が今では行われている。特に、オランダやアメリカで、F1種交配が行われるようになってから沢山の品種が登場し、人気を博するようになっている。
履歴 インパチェンスの我が国での栽培は比較的浅い。本格的に栽培が普及を見たのは1970年代ころからである。
県花・国花
古典1
古典2
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
11 266 「アフリカ菫」