←トップ頁へ

和名 インカルヴィレア・シネンシス 撮影者:東京都 山口米子様 

撮影地:宇治市・植物公園
掲載した写真はシェロン・ピンク種である。        
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名は、18世紀フランス人宣教師Pierre d'Incarvilleへの献名。/種小名は「中国の」の意。
学名 Incarvillea sinensis
英名 Hardy gloxinia
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 角蒿
植物分類 ノウゼンカズラ科インカルヴィレア属
園芸分類 1年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 中国
花言葉
解説 インカルヴィレア・シネンシスは、ノウゼンカズラ科の1年草である。草丈は30~40㎝程度となる。葉は、長さ15㎝程度で2~3回羽状複葉となる。小葉は線形~線状披針形となる。葉は、基部では対生するが、上部では茎に互生する。4~6月頃、長い花茎を伸ばし、総状花序を出し、径3~4㎝程度の筒状花をつける。花冠は5裂する。
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考