←トップ頁へ
和名 インゲンマメ 拙庭にて
漢字表記 隠元豆
別名・異名 菜豆/とうささげ/インゲンササゲ
古名
語源 和名は、明の僧隠元が我が国に伝えたと言われていることから。
属名は、ギリシャ語で「丸木船」を意味し、莢の形から。
種小名は「普通の」の意。
学名 Phaseolus vulgaris L.
英名 kidney bean
snap bean
仏名 haricot
独名 weiße Bohne
伊名 fagiolo
西名 judías blancas
葡名 feijão
漢名 菜豆
植物分類 マメ科インゲンマメ属
園芸分類 一年生草本
用途 食用
原産地 中南米(メキシコ中央部~グアテマラ)
花言葉 ほんのり、たっぷり癒されたい
解説 インゲン豆はマメ科の一年草である。葉は互生し、菱形の小葉3個の複葉。6~7月頃、葉腋から花茎を出し、白色または淡紫色の蝶形花を開く。茎は細長く、中に10個程度の種子を持つ。種子の形状は腎臓型。新大陸発見後西洋社会にもたらされた植物であるが、欧米で盛んな品種改良が行われ、現在では多数の品種が存在する。蔓を持つ種と無い物とに大別される。蔓無し隠元としては、「初みどり」・「さつきみどり」・「若葉」などがある。 
履歴 中南米原産で、新大陸発見後、ヨーロッパに伝えられた。我が国へは、17世紀中頃、明の僧隠元によってもたらされた。
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
20 113 「ベツレヘムの星」