検索名  インドチョウラン(印度蝶蘭)   
和名 シャムオリヅラン  
漢字表記 暹羅折鶴蘭  
別名・異名 インドチョウラン(印度蝶蘭)/クロロフィツム・ベチェッティイ(ビケッティイ) 
古名  
語源 和名にシャム(タイ王国の旧名)の名が見られるが原産地はアフリカのガボン共和国であり、シャムは経由地を示しているものと推測される。(本種の原産地は上述の通り、アフリカのガボンであるが、古くから東南アジア諸国では栽培されてきている。)オリズルランに関しては、花茎の先端につく子株の様子が折り鶴に似ているため。/属名は、chloros(=黄緑)とphyton(=植物)の合成語。/種小名は人名に因んでいるものと推測されるが不詳。
学名 Chlorophytum bichetii
英名 Bichetii grass,Siam lily,
False lily turf,
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 白紋草
泰名 เศรษฐีเรือนนอก
植物分類 キジカクシ科(←ユリ科)オリヅルラン属
園芸分類 常緑多年生草本  茨城県立植物園にて
用途 路地植え/鉢植え/アクアリウム栽培/食用/薬用 
原産地 ガボン  
花言葉  
解説 シャムオリヅルランは、キジカクシ科(旧ユリ科)の植物である。オリヅルランによく似ているが、本種はランナーを出さない点で区別できる。草丈は10~20㎝程度。葉は、幾分肉厚で、表面には光沢がある。葉形は線形で、葉縁には白色の斑模様が入る。葉は直立し、途中で弧を描くように湾曲をする。花は白色6遍弁小花であるがあまり目立たない。 
履歴 渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考