←トップ頁へ

和名 イナトウヒレン
漢字表記 伊那唐飛廉
別名・異名
古名
語源 和名は、伊那産のトウヒレン(=Saussurea tanakae)の意である。因みに、トウヒレン(唐飛廉)とは、「唐」は外国産と思いこんだためにつけられた接頭語で、「飛廉」とはヒレアザミに対する我が国慣用の漢名である。/属名は、スイスの学者H.B.de Saussureの名に因んでいる。/種小名は「(長野県)伊那地方の」の意。
学名 Saussurea inaensis
英名
仏名
独名 申し訳ありません。
伊語 現在写真はありません。
西名 お持ちの方、是非ご提供下さい。
葡語 連絡先は、メニュー頁にあります。
漢名
植物分類 キク科トウヒレン属
園芸分類 多年性草本
用途
原産地 日本(長野県)
花言葉
解説 イナトウヒレンは、キク科の多年草である。長野県伊那郡の蛇紋岩地に自生の見られる野草である。草丈は50~90㎝程度。葉は狭披針形で長さは15~25㎝程度。9月頃、枝先や茎頂に2~6個程度の花を開く。花は花弁を持たず、萼片が赤色で遠目には花弁のように見える。花では、白色の4個の雄蕊が飛び出している。花は上方から下方へと咲き進む。
履歴 環境省絶滅危惧Ⅱ類(AU)指定植物
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考