←トップ頁へ

検索名 イキシア・マキュラータ
和名 ヤリズイセン
撮影者:愛媛県 日原由紀子様 
漢字表記 槍水仙
別名・異名 コーン・リリー/イキシア・マキュラータ
古名
語源 和名は、花姿から。/属名は、ギリシャ語で「鳥もち」の意で、この植物にはねばねばとした液汁があることから。/種小名は、「斑点のある」の意。
学名 Ixia maculata
英名 African spotted corn lily
仏名 Ixia
独名 Ixia,Ixien,
Klebschwertel
伊名 撮影地:西オーストラリア
西名 トンキン・ハイウエィ
葡名
漢名 非洲海角百合
植物分類 アヤメ科イクシア属
園芸分類 多年性草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花
原産地 南アフリカ
花言葉 団結してあたろう
解説 イキシア・マキュラータはアヤメ科の多年草である。グラジオラスを小さくしたような球茎から剣状の葉を出す。草丈は40㎝前後程度。4月頃、針金のように細い花茎を伸ばし、穂状の花序を出し、径2~3㎝程度で漏斗形または杯型の6弁花を開花する。夜間は閉じていて、日に当たると開花する。花色は多彩である。
履歴 本種は、南アフリカ原産であるが、オーストラリアやニュージーランドでは帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考