←トップ頁へ

和名jp イカリソウ
拙庭にて
漢字表記 碇草
別名・異名
other name
テントリバナ
ホウジョウバナ(放杖花)
古名
old name
ウムギナ(宇羊雚・宇无岐奈)
ヤマトリグサ(也末止利久佐)
語源
etymology
和名は、花形が碇のかたちをしていることから。
属名は、ギリシャ語のepi(=上)とMedlia(=ギリシャの地名)の合成語から。
種小名は、「大きな花の」の意。
変種名
は、「ツュンベリーの」の意。
学名sn Epimedium grandiflorum var. thunbergianum
英名en Barrenwort
仏名fr
独名de Sockenblume
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 大花淫羊藿
植物分類 メギ科イカリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え
漢方・民間薬 全草:歯痛・中風・健忘症
原産地
distribution
北半球
花言葉 人生の出発・君を離さない
解説
description
イカリソウの仲間は北半球に約20種確認されているが、その内で約半数の10種は我が国に自生が確認されている。名前の通り、花に4本の距があり、その姿が碇に似ていることから名前がついた。イカリソウは宿根草であり地下茎を持ちその先から茎と葉を出す。茎は針金のような丈夫さを示す。葉は羽状複葉で卵形である。葉の縁には細かい刺がある。草丈は30㎝内外。冬には地上部は枯れる。花色は淡紫色、紫色、白色などがある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『本草和名』、『倭名類聚鈔』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考