←トップ頁へ

和名jp イイデリンドウ
漢字表記 飯豊竜胆
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、飯豊山に自生の見られるリンドウの意。
属名は、リンドウとその薬効の発見者であるプリニウスによって、紀元前500年頃のイリュリアの王ゲンチウスの名に因んで命名されている。
種小名は「日本の」の意。
変種名は「大きな、壮大な」の意。
学名sn Gentiana nipponica var. robusta Hara
英名en
仏名fr
独名de 撮影者:福島県・山下俊之様
伊名it 撮影地:福島県喜多方市 飯豊山
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 リンドウ科リンドウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 路地植え/鉢植え/薬用
原産地
distribution
飯豊田山(山形・福島・新潟)
花言葉 的確・正義感・誠実
解説
description
イイデリンドウは、リンドウ科の多年草である。飯豊山中の岩礫地の幾分乾燥気味の低木群落に生えていると言われている。ミヤマリンドウの変種であり、花冠が幾分大きく、長さ2.5㎝前後で、萼裂片が反り返らないのが特徴とされる。7~8月頃に青紫色の花を見せる。
履歴
県花・国花 新潟県:黒川村花
古典1
古典2
季語
備考