←トップ頁へ

和名jp イガアザミ
日光植物園にて
漢字表記 毬薊
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、苞に鋭い針があることから。
属名は、ギリシャ古名cirsionから来た名で、ギリシャの医師ディオコリデスが静脈(cirsos)を広げるのに用いたヒレアザミ属の薬草の名で、アザミに似ていることから転用されたからと言う。
種小名は「本州の」の意。
変種名は「長い束毛のある」の意。
学名sn Cirsium nipponicum var.comosum
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キク科アザミ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/鉢植え/路地植え
原産地
distribution
日本(関東南部~東海地方)
花言葉 権威・触れないで・独立・厳格・復讐
解説
description
イガアザミは、関東から東海地方の海岸に近い山野に自生の見られるアザミの一種である。花期は8~11月で、頭花は紅紫色で、花径4㎝程度。総包は粘つかない。葉には6~12㎜程度の鋭い針がある。葉は表裏どちらも無毛である。茎は直立し、草丈は1m前後。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考