←トップ頁へ

和名 イガヤグルマギク
漢字表記 毬矢車菊
別名・異名 ケンタウレア・ソルスティティアリス
古名
語源 和名は、総苞に刺状突起物があることから。
属名のCentaureaはギリシャ神話に登場する半人半馬のケンタロウスに因んでいる。ケンタロウスがこの属のヤグルマギクで矢傷を治したという話に因んでいるとのこと。
種小名は「夏至」の意で、この頃に開花することから。
学名 Centaurea solstitialis
英名 Yellow star-thistle
Goldem starthistle
Yellow cockspur
Barnaby's thitle
Barnaby thistle
仏名 Centaurée du solstice
独名 Sonnwend-Flockenblume
伊名 Fiordaliso giallo
西名 Abrepuño
Abrimanos
Abrojos
Argazolla amarilla
Arzolla
cardo alazorado
cardo estrellado de flor amarilla
Gatinas
Ramón pajarero
現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供ください。
連絡先は、メニュー頁にあります。
葡名
漢名
植物分類 キク科ヤグルマギク属
園芸分類 1年生草本
用途 鉢植え
原産地 トルコ・ギリシャ・イタリア・フランス・スペイン
花言葉 隠された功績
解説 イガヤグルマギクはキク科の1年草である。草丈は100㎝程度となる。全草が繊維状の綿毛に覆われ灰色を帯びる。茎には顕著な翼がある。根出葉は羽裂し、裂片は楕円状で縁部には疎らな鋸歯を持つ。根出葉は径5~20㎝程度のロゼットを構成する。根出葉には刺は見られない。茎葉は長楕円状披針形で、茎に疎らにつく。茎葉の両面には白色の綿毛が密生する。6月頃、茎頂並びに枝先に径2㎝程度の黄色い頭花をつける。花を支える総苞の外側には鋭い刺(長さ1~2㎝程度)が放射状に伸びる。刺の基部は扁平で、2~3対の横枝を出す。花は、筒状花のみよりなる。
履歴 アメリカ・オーストラリア・アルゼンチン・チリ等の国々では今日帰化状態にある。
我が国にも大正年間に確認されて以来、近畿地方を中心に全語句に広まりを見せている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考