←トップ頁へ

検索名  イフェイオン・ユニフロールム
↑撮影:GKZ/群馬県・太田市にて↓

撮影者:ポルトガル在住
武本比登志/睦子様↓


撮影地:ポルトガル
コスタ・アズール地方

和名jp ハナニラ
漢字表記 花韮
別名・異名
other name
イフェイオン
セイヨウアマナ
ブローディア
イフェイオン・ユニフロールム
古名
old name
語源
etymology
和名は、若葉の頃の葉姿はとてもニラに似ていることから。加えて臭気も韮とほとんど変わらない。
別名のブローディアは旧属名であった。
属名はギリシャ語からであるが、詳細不詳。
種小名は「単花の」の意。
学名sn Ipheion uniflorum Raf.
英名en Glory of the Sun
Spring Star Flower
仏名fr Iphéion
独名de Einblütige Frühlingsstem
伊名it Ipheion
西名es Ipheion
葡名pt Ipheion
漢名ch 春星花
植物分類 ネギ科(←ユリ科)ハナニラ属
園芸分類 多年生草本
用途 花壇/ロックガーデン/下草
原産地 アルゼンチン/ペルー/ウルグアイ
花言葉 悲しい別れ
解説 早春に花壇のそれぞれの花が開き出す前、つまり3~5月頃に開花が見られるので人々に親しまれている。葉は幾分灰色がかった緑色で長さは15~30㎝程度。葉にはニラと同様な臭気を持つ。花茎は10から20㎝で頂きに花をつける。花は白色だが、藤青色を帯びる。花被片の中央に紫色の線が走る。五月頃には、地上部は姿を消し、地下の球根ばかりが残ることになる。
履歴 明治の半ば頃に我が国に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考