←トップ頁へ

検索名  イエロー・ピーナッツ   
和名 キバナラッカセイ
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 黄花落花生
別名・異名 キバナナンキンマメ(黄花南京豆)/イエロー・ピーナッツ/ピントー・ピーナッツ/アラキス・ピントイ
古名
語源 和名は、英名からの意訳。/属名はギリシャ語のarachidno(=曲がった地中結実性の果実を持つクローバーの一種)を語源としている。/種小名はブラジルの植物学者Geraldo Pintoへの献名
学名 Arachis pintoi
英名 Pinto peanut,Yellow peanut plant
仏名 Arachide sauvage
独名  Pinto-Erdnuss 
伊名 撮影地:タイ・クラビ
西名 Man forrajero perenne,
Man perenne
葡名 Amendoim-forrageiro
漢名 假花生
植物分類 マメ科ラッカセイ属
園芸分類 多年生草本
用途 飼料/緑肥/グランドカヴァー
原産地 ブラジル
花言葉
解説 キバナラッカセイはマメ科の多年草である。茎は直立、または地面を這い、草丈は15~30㎝程度となる。葉は偶数の羽状複葉で長い葉柄を持つ。小葉は3.5~4.5㎝程度の卵形で、対生する。3~7月頃、茎上部の葉腋に総状花序をつけ、径1~2㎝程度で黄色の蝶形花をつける。本種は、家畜の飼料として牧場等に植栽されたり、土壌改良植物(緑肥)としても用いられたりもしてきたが、近年、世界各地で、園芸的にもグランドカヴァーとして用いられる様になってきている。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考